Archive for 1月, 2017

ウエディングプランナーになりたい!学校で学べます

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

ウエディングプランナーになりたい!学校で学べます

社会へ羽ばたく為に、自分のやりたい事を考える。
それは素晴らしい事ですし、今は様々な専門学校や大学がありますので、アナタがやりたい事を見つければ、しっかり導いてくれるでしょう。
それはウエディングプランナーも同じ事が言えるでしょう。
この業種は昔からある業種であり、華やかな結婚式のサポートをする仕事として人気を呼んでいます。
単に式の時に手伝う訳では無く、結婚式を開くと決めたカップルに予算や衣装、招待状から式の段取りまで様々な部分をサポートしていきます。
顧客の希望や要望と、式場で出来る事を照らし合わせながら一緒に結婚式を作っていく仕事なのです。
そんなウエディングプランナーの為の学校があるのです。
いくつかの学科に分かれているのが殆どなので、自分の目指している道が明確になりますし、その為に資料を配布しているケースもあります。
結婚式をお手伝いする為のウエディングプランナー。
アナタも一緒に目指してみませんか?

実績のある学校?ウエディングプランナーを目指す方へ

これまでにたくさんの人をウェディング業界へ輩出し、今も尚第一線で活躍している学校がある様です。
そこではその経験を活かしながら、社会で即戦力になれる様に独自のカリキュラムを組み込んでいる様です。
ウエディングプランナーと言うのは繊細な仕事ですし、一つの仕事にくくるにはたくさんの業種があるので、本当に大変だと思うのです。
それでも人気があるというのは、それ程やりがいのある仕事なのだと言えるでしょう。
ちなみにこれまでに数々の結婚式場にウエディングプランナーを輩出してきた学校の中には、オープンキャンパスの申込み受付をしていたり、詳細な情報が掲載されている資料を展開している様です。
そこには気になる費用の事や、就職率などの情報も載っているのでこれからウエディングプランナーを目指したいと思っている方は、取り寄せてみると良いでしょう。
学校によっては座学だけでは無く、実践授業を行い、その現場の雰囲気を学べる様になっています。

学校のノウハウを活かす!ウエディングプランナーへの道

学校が築き上げてきたノウハウを活かして、晴れてウエディングプランナーに!でもそんなとんとん拍子で事は進むのでしょうか?本人のやる気次第ではありますが、授業の中にはマナー講座などもありますし、接客についてもとことん学べますので、万が一別の業種に就く場合にもきっと役に立つと言えるでしょう。
テーブルマナーはもちろんの事、会食でのマナーや立ち振る舞いなどを知れるので、私生活でも役立ちます。
ちなみに学校によっては4年、2年制とかなりバラバラだと言えますが、どこもこれまでの経験を活かして勉強が出来ますし、夜間帯のみの授業を展開しているところもありますので、別の仕事をしている方でも通う事が出来ます。
ウエディングプランナーと言う仕事は、結婚式を挙げるカップルがいれば安泰ですし、ホテルマンなどの別業種に就く事が出来るので、かなり良いといえます。
結婚式を彩るウェディングプランナーを学校で勉強したい
学校でしっかり学んで、その道のプロを目指すのも良いと言えるでしょう。

バランスを考える必要がある二次会の景品選び

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

バランスを考える必要がある二次会の景品選び

実際にあった二次会の景品にからむお話です。
目玉商品は絶対豪華にした方が盛り上がるでしょうね。
もちろんゲーム形式やビンゴ形式で、みんなが参加できるようにした方がいいでしょう。
もしかしたら一人での参加をやむなくしてくれた人もいる場合、そんな人に豪華賞品を当ててもらったら、それだけでも来た甲斐があったと思ってもらえるでしょうしね。
もちろん、豪華賞品もいいんですが、できるだけ多くの人に賞品が行きわたるように考えた方がいいでしょう。
決して高くはないけれど、実用性のあるものや、ユーモアがあるものなどはウケもいいものです。
また、あらためて使えるテーマパークのチケットやお食事券なども好評です。
たいていの場合、二次会は参加費制になるので、高くしてしまうと参加人数が減る可能性があり、安くしすぎてしまうと参加人数は増えるけれど、それだけ人数を入れる箱選びに予算を割かないといけなくなり、下手すると自腹にもなりかねません。
もちろん、お礼の気持ちで開催するものですので、二次会の景品選びもバランスを考える必要もありますね。

景品は二次会のために心を込めて自分たちで選ぶ

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

景品は二次会のために心を込めて自分たちで選ぶ

結婚するとなると、いろいろ準備が必要になり、細かいところに気持ちが行き届かなくなることが多いですね。
そのために二次会の景品選びなどは後回しになりがちで、時間がなさすぎて、内容がいい加減になったり、景品がおざなりになったりして、せっかく来てくれた友人たちをがっかりさせる羽目にもなりかねません。
そこで最近は、二次会を代行開催してくれる会社まであるそうです。
会場選びはもちろんのこと、司会進行から、抽選会で行うゲームやイベント、そして景品まで任せてしまえる、それこそ友人に幹事を負担させることなく、おまけに自分たちまでが楽しんでしまえる会ができてしまうのです。
もちろん、何もかも任せてしまうと予算なりがオーバーしてしまうこともあるので、ここは任せて、ここは自分たちでと、担当をきちんと考えてやっていくのが一番いいでしょう。
任せるとは言っても、二次会が100%業者依存が見えてしまうと、友人たちも白けてしまう恐れがあるのでそこは気を使わないといけません。
例えば、景品は心を込めて自分たちで選ぶ、とかです。

二次会の景品選びも効率よくこなす

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

二次会の景品選びも効率よくこなす

結婚式の二次会の景品選びで使えそうなのは、やはりネットショップでしょう。
数をたくさん仕入れることで安くすることもできるので、下位の賞品を選ぶときなどはかなり心強い味方になってくれます。
また、賞品にメリハリをつけることも大切です。
区別をつけないようにまんべんなく予算配分するのはいいかもしれませんが、ゲーム形式で賞品を当てていくとした場合に、あまり価格差がなさすぎても盛り上がりに欠けてしまうかもしれません。
やはり皆、大穴狙いをしたいと考えるものなので、上位3つくらいは、欲しいと思うけれど、自分ではなかなか手に入れにくいような価格帯のものがいいでしょう。
例でいえば、テーマパークのチケット、お食事券、旅行券、ロボット掃除機、お手軽なエステマシン、空気清浄機などです。
一昔前なら、これらの商品を手配するのも、お店まで出向いて価格交渉から、在庫確認から、幹事が足を棒にしてしなければならないことだったのですが、今では全てネットの注文で可能になりました。
二次会の景品一覧を見てみる
もちろん、だからと言って、心がこもってないということにはなりません。
二次会の景品選びもどれだけ効率よくこなすかが勝負の時代なのです。

作品作成中の動画制作会社のランチ事情

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

作品作成中の動画制作会社のランチ事情

クリエイティブなお仕事って忙しいプラス動けない・・・動画制作も機材や制作機械の前でずっと座って作品を作り上げるために、にらめっこな感じですね。
お昼はどうしているんだろうと興味深いです。
業界を背負って生きてバリバリにかつスマートに仕事をこなしている。
それでも見た目はかっこいいのですがその裏側はきっと大変なことも乗り越えて頑張っているのでしょう。
動画制作でも知り合いの業界の方々によるとものすごいハードでお昼は片手で食べられる便利なおにぎり類やパン類が助かっているとのこと。
今の時代、お役立ちなユニークな食べ物も市場(しじょう)に沢山出始めているのでわずかな時間にコンビニへ行ってランチをチョイスするのも楽しいひとときになっていることでしょう。
外で撮影する時はよく「スタッフで美味しくいただきました」というテロップがありますよね。
タレントがリポートしてその後にスタッフが頂きます。
その際は美味しいものに巡り合うことが出来るのでグルメな方々には一石二鳥な幸せ。
動画制作やハードなクリエイティブな世界でも小さな幸せが沢山あるのでしょうね。

アクセスだけで動画制作は稼げるのか

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

アクセスだけで動画制作は稼げるのか

よく動画のアクセスで収入もすごい人がクローズアップされていますが、では一体アクセス数でどのぐらい儲かるのでしょう?動画制作して人気動画の沢山入ったサイトに配信するっておいしい職業ですね。
みなさんも動画制作して投稿するだけで収入になるのかと驚きでしょう?それにはもちろん投稿だけでは何も起こりません。
広告をつけて広告収入というものがものを言うそうです。
その上、著作権を侵害しない人気のアクセス数を誇る動画がいい収入を得るとか?侵害する動画だと裁判レベルでかなりの罰金になりますのでお気をつけて楽しんでください!もちろん、周りの気を引きそうな動画ならどんなものでもいいというわけではなく、本当に惹かれる動画制作は何だろう?映画はよく「常識を越えた作品」というようなキャッチフレーズで出品されています。
惹かれるにはコピーは大事ですね。
ほっこりして相手が笑顔になるもの。
その上で最低限のマナーが当然あってこそが健全な癒しを生む動画制作ではないかなと思う今日この頃です。

よく動画制作と言いますが

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

よく動画制作と言いますが

今の時代は本当に便利になった情報社会。
その中でいとも簡単に携帯の電話や小型のカメラで動画を録画する。
小さい機械で動画制作ですよ。
どこに出かけても瞬間を逃さない。
ただし、あまりにも多く、盗撮もされやすくなりますね。
それでも画像や動画制作とによって正義が証明され、また厳しい取り締まりも強化されて何が見張っているのか気が気ではない世の中にもなってしまった気がする。
筆者は昔、音楽活動をしていましたが、撮られることに慣れているはずが、プライベートはやはり普通人ですね!とある食べ物屋でも食べてるときに「カシャ」というはっきりと撮影している音を耳にすると「知らない人なのになぜ自分のことを撮るのかな?」と自意識が過剰になってしまうし、電車の中でも自撮りや動画制作も、音によってどこかに投稿されたり、ゾクゾク感は意外と世の中に散らばっているのでは?と感じます。
みなさんどこかにアップなさるのでしょうね。
動画制作をサクサクするには
それで周りに見てもらいたくて感想も聞きたくて画像や動画制作したものを一生懸命アップされているのでしょう。
それも小さな幸せなのでしょうね。

ゲームと萌えアプリの関係

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

ゲームと萌えアプリの関係

学園系萌えゲームアプリにとって大事なのは、なにかというとやはりキャラクターではないでしょうか。
どういうキャラがいるのか、何人いてどういう衣装を着ているのか、どういう設定になっているのか、そしてゲームキャラにとっては大事なのはCVすなわちキャラクターボイスがどういうものなのかです。
どんなキャラであっても、声のイメージというものは非常に重要になっています。
あるいは、どういう声優がそのキャラのCVを担当しているのかということから、ユーザーは声優のこれまでの演じてきたキャラなどからそのキャラについて推測することができます。
キャラやイラストとCVのイメージがうまく当てはまれば、そのキャラはとても魅力的なものになると言えるでしょう。
そうすれば、萌えアプリが成功する可能性は高まります。
もちろんキャラだけではなくゲームそのものもしっかりと作っていなければユーザーを満足させることは難しいでしょう。
レビューサイトなどでの評判にも影響します。

どういう萌えアプリが人気か

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

どういう萌えアプリが人気か

スマホにはいろんなタイプのものがあり、それぞれ配信されるものが異なっているのですが、萌え系ゲームアプリの場合には、人気があるものとないものとの差に大きな違いがあります。
人気があるジャンルのものは、そのゲームが圧倒的に強いので、別なジャンルでのヒットを狙う方が良いでしょう。
なんといっても、ユーザーにとって重要なのは、どっぷりスマホでのゲームにハマるのか、それともちょこちょこと短い時間で遊ぶものなのか、ということではないでしょうか。
もちろん開発者側としては、さまざまな仕掛けを行いますが、むしろ萌えに関するアプリはほぼ生理的な反応に近いものがあるので、ある種のパターンのようなものを把握するだけでは難しいと言えるかもしれません。
しかし、定番のシチュエーションというものはあるようです。
例えば学園ものというのは、定番中の定番といえるでしょう。
通勤通学のような長時間ではないにしてもそれなりにまとまった時間でプレイできるとすれば、アクションゲームがいいかもしれません。

萌えゲームのアプリを探す

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

萌えゲームのアプリを探す

スマホでゲームをすることは若者をはじめとして、サラリーマンの多くにまでも当たり前のようになってきました。
なかでも、根強く開発が続けられているのが、萌えゲームと呼ばれるアプリです。
新作ゲームをはじめ、そのジャンルには様々なタイプのゲームがあります。
カード、RPG、パズル、シミュレーション、アクションなどなど多岐にわたるゲームが提供されています。
その多くは男性をターゲットとした美少女系のゲームです。
これもまた細かな区分に分かれていて、アイドル系、ロリ系、ツンデレ系、擬人化ものなど、多岐にわたっています。
アプリで萌えを手に入れるのは、いわば日常の中に自分の趣味をカモフラージュしつつ忍び込ませることができるうまい方法なのですが、その分ストライクゾーンを当てるのがとても難しいとも言えるかもしれません。
萌えアプリで今人気のキャラクター
まずはイラストが好きなのか設定が好きなのか、シチュエーションが好きなのか、自分のポイントを探しながらゲームを探すことが大事なるでしょう