転職先に施工管理を考えている方へ

Posted on 水曜日, 10月 12th, 2016 at 12:58 PM

転職先に施工管理を考えている方へ

転職先に施工管理を考えている方にご紹介しましょう。
はじめに、施工管理とはどんなことをするのか。
建築業における管理業務、いわゆる現場監督です。
工程・安全・品質・原価などの管理が主な業務となります。
また国家資格が必要となります。
建設現場には様々な技術を持つ人が集い、一つの建築物を構築していきます。
しかし、一つの技術に特化しているとはいえ、すべての段取りを理解しているわけではなく、自分がどのタイミングでどう動くかを決めるのは現場監督の役割となるのです。
つまり、現場に欠かせない業務を担うのが施工管理であるということです。
現場が大規模になればなるほどその責任と役割は重く、大きくなっていきます。
発注する側の意見を取り入れながら、現場の仕事をスムーズに進めるためにどうすればいいか、天候不順による工期の遅れが出た場合の調整など、やるべきことが山ほどあります。
施工管理職に転職
その点、やりあげた時のやりがいは他の業務の比ではないものがあるのが施工管理への転職となるでしょう。

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.