国家資格である施工管理技士を持つ転職

Posted on 水曜日, 10月 12th, 2016 at 12:58 PM

国家資格である施工管理技士を持つ転職

施工管理業務への転職に興味を持たれましたか?では、国家資格である施工管理技士になるにはどうすればよいのでしょう?受験するには一定の学歴、実務経験が必要です。
主任技術者の経験や学歴、2級資格を取得しているかどうかで実務経験期間は変わってきます。
まず級が1級と2級に分かれています。
1級の方が難易度が高くなります。
種類もいろいろで、建設機械施工・土木・建築・電気工事・管工事・造園とあります。
まずは自分が何を目指すのかということを明確にしてチャレンジするのがいいでしょう。
もちろん、複数の資格を取ることも可能ですが、実務を必要とするのでかなり非現実的です。
1級の施工管理技士資格を取得すれば、監理技術者として現場で働けます。
労働安全衛生法により、50人以上の作業員を抱えるほとんどの工事現場では施工管理技士が統括安全衛生責任者の職務も行います。
建築業界でキャリアを積むにはこの資格はなくてはないもので、転職にも有利になります。

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.