川崎市での不用品回収に必要な利用者登録と処理券

Posted on 水曜日, 9月 21st, 2016 at 12:39 AM

川崎市での不用品回収に必要な利用者登録と処理券

実に150万人近い人口を持つ神奈川県川崎市は、7つの行政区を持つ政令指定都市です。
その大きな人口数の分、ごみ回収や不用品回収の作業は大変なものでしょう。
その回収作業は、川崎市で行っているものもあれば、民間業者で行っているものも多数ありますが、川崎市での不用品を含む粗大ごみは、まず事前に市内の公共施設に申し込む事になっています。
回収日は月2回。
電話あるいは市のサイトから申し込みますが、その際には利用者登録が必要になります。
必要な手続きをした後、粗大ごみの「処理券」を、市内の郵便局またはコンビニエンスストアで購入します。
そして回収日当日に、購入した処理券に、粗大ごみを出す人の氏名と指定された受付番号、回収日を記入して、粗大ごみとなった不用品の見やすい所へ貼り付けて出します。
但し、重量が100kg以上または長さが2m以上の物、パソコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、自動二輪車は出す事が出来ません。
川崎市での不用品回収は、不法投棄などを防ぐためにも厳密になっています。

不用品回収作業の他、家具解体なども行う川崎の民間業者

川崎市内から大量に出される不用品回収や粗大ごみ回収は、市の公共施設へ申し込んでの回収の他に、多くの民間業者による回収も各地域で行われており、ネット上でもその紹介がされています。
日常生活を続けている以上、不用品が発生しない時はありません。
早速にでも処分したいところですが、重くて大きな箪笥や冷蔵庫など、どうやって持ち運べばいいのか、そもそもどこへ頼んでいいのか分からないとお困りの方も多いでしょう。
一人暮らしの方ともなれば尚更です。
また、突然の転勤などによってすぐ引っ越さなければならないという方もいると思います。
その際は民間業者に頼りましょう。
不用品回収の他、これもどうしていいものかと悩まされる遺品整理、さらには家具の解体、エアコンの取り外し作業なども引き受けてくれます。
電話もしくはメールにての申し込みとなり、その際に家具や家電製品であれば大まかな大きさやそのタイプ、数量、メーカーなどを伝えれば、よりスムーズに作業が進むでしょう。
川崎での不用品回収は、民間業者が活躍しています。

人口の多い川崎での不用品回収で生活空間を広げよう

約150万人近い人口から出る川崎市の粗大ごみや不用品回収は大変な作業となります。
公的機関や民間業者が活躍していますが、ここ川崎市の他に横浜市や相模原市の方まで活動範囲を広げている会社もあります。
不用品回収によって人々の生活の空間をもっと広げたいという提案のもと、多くの顧客を得ています。
以前までは使ってはいたけれども今では使う用途がなくなった、使い飽きた、使っているうちに壊れたなどの理由で不用品となった数々の家具や家電製品などを、すぐにでも回収してもらえれば、部屋はあっと言う間に広がって、生活にも余裕が出て来るでしょう。
会社はこう考える方を最大限応援します。
不用品回収を川崎で利用するために
箪笥、冷蔵庫、洗濯機などはもちろん液晶テレビや、既に使用不可となったブラウン管テレビ、自転車、ベッド、テーブルさらには布団や衣類に至るまで対応する他、押し入れの中の整理や、物置の中の整理まで手掛けます。
大人口を抱える川崎市の不用品回収は、同時に生活空間を広げる作業と呼べるでしょう。

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.