障害者求人を探すことの難しさ

Posted on 水曜日, 8月 17th, 2016 at 6:35 PM

障害者求人を探すことの難しさ

身体が不自由だったり、精神に障害を持っていたりする方は障害者求人を探すのはとても大変ですよね。
障害者であっても生活していくために、お金は必要ですから、働かなければいけません。
また、以前までは身体にも精神にも障害を持っていなかったのに、事故や病気によって何らかの障害が残ってしまったという方もいるかもしれません。
このような方は、前はみんなと同じように働けたが、障害が残ってしまい、以前のように働けない、会社からの扱いが悪くなってしまった、などということがあったら、悔しいと思います。
時間がかかるとは思いますが、気持ちを切り替えて、障害者求人を探してみませんか。
身体や精神に障害を持っていたとしても、自分にできる限りの仕事をしましょう。
障害者の働き手を受け入れている会社なら、他にも自分と同じ障害者がいるかもしれませんし、心強いですよね。
何らかの障害を持っていても生き生き働ける職場を障害者求人で探しましょう。

どうやって障害者求人を探したら良いか

働くためには、障害者求人の中から自分に合った仕事を探す必要があります。
まずは、自分のやりたい仕事を考えてみましょう。
仕事は長期間続けていくものなので、興味がある仕事、やりがいを感じられる仕事でなければ続けていくのは難しいかもしれません。
また、向き不向きも考えていかなければいけません。
やりたい仕事であっても向いていない仕事だったら、仕事を続けていく上で多くの困難にぶつかるでしょう。
自分の障害と仕事の相性について考えていく必要があります。
あとは、給料や福利厚生、勤務地などです。
普通の人みたいに、毎朝満員電車に乗るのはきついと思うので、通い安い職場が良いと思います。
生活していかなければいけないので、できるだけ高い給料が良いですし、休日や社会保障もしっかり確保されていた方が良いですよね。
特に、今まで働いたことがないという方は、サポート体制もしっかりしていた方が安心かもしれません。
障害者求人の中から、自分のやりがいを感じられる仕事、向いている仕事を探して、社会に貢献していきましょう。

どんな仕事が障害者求人にはあるか

障害者求人の中にはどんな仕事があるのか考えてみましょう。
例えば、街中や駅の近くなどで、自分達で作ったパンやお菓子などを売っているのを目にしたことはありませんか。
料理やお菓子作りが好きな方にぴったりな仕事かもしれませんね。
また、接客をしてみたいという方にも向いているかもしれません。
外で人と触れ合うことで、社会とのつながりを感じられるかもしれませんし、どうやったら売れるのか、お客さんが喜んでくれるのか、など自分たちで考えるきっかけになると思います。
他にも、介護施設や事務所などの掃除という仕事もあります。
細かい作業が得意な方、ひとりで集中して仕事をするのが好きな方に合っているかもしれません。
あとは、パソコンでの入力作業という仕事もあるでしょう。
これは、足が不自由な方などに向いていると思います。
このように障害があってもできる仕事は様々あります。

仕事はひとりでできるものではなく、他の人との協力が必要なので、コミュニケーション能力も磨かれるでしょう。
障害者求人の中から自分にできる仕事を探して、社会で活躍していきましょう。

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.