千代田区だけではありませんが、税理士は難関の国家資格です

Posted on 木曜日, 4月 7th, 2016 at 9:32 PM

千代田区だけではありませんが、税理士は難関の国家資格です

国家資格には偏差値75の超難関、医師や司法試験、公認会計士、同72の司法書士、66の一級建築士、64の歯科医師、以下偏差値53の火薬類保安責任者甲種まで沢山あります。
ここでお話する税理士は偏差値68の国家試験で、難易度は難関の部類に属します。
都内千代田区をはじめ全国の税理士は、国家資格の取得が必須で専門性の高さから、年収も一般的なサラリーマンよりも高いことが知られています。
具体的に公開されている平成26年度厚労省発表、賃金構造基本統計調査では都内千代田区も含む「公認会計士・税理士」の平均年収は800万円(38歳)を超えています。
独立して自分の事務所をもてば、年収1000万円以上を手にする人もいます。

この試験の筆記テストは年一回行われますが、最近、この試験の受験者数は、減少傾向にあります。
また、税理士試験合格率(科目別の合算)は12?17%の間で推移しており、平成26年の合格率は13.8%でした。

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.