地滑りが起こりやすい地域には集水井を設置する事が大切です

Posted on 金曜日, 3月 4th, 2016 at 8:32 PM

地滑りが起こりやすい地域には集水井を設置する事が大切です

地滑りというのは、雨で水が大量に溜まった際に土砂崩れの原因になります。
雨は定期的に降りますので、蓄積された水は溜まりに溜まります。
ある日、大雨で突然、土砂崩れが発生するのは、大量の水が影響しています。
集水井という大きな井戸は、地滑り対策として造られています。
深い穴に広い井戸ですので、排水をするにはピッタリだと思います。
実際に地滑りが起きやすい地域に集水井が設置されている地域は多くあります。
何故なら、人の力だけでは大量の水を排水する事が困難だからです。
大きなバケツをイメージすればわかりやすいと思います。
大きなバケツが集水井の井戸だとして、日頃の雨や大雨で溜まった水を大量に排出する事が出来れば、地滑り対策になりますので、地滑りでの事故の割合が減ります。
人の命を救う井戸ともいえると思います。
当たり前な話ですが、貯水する事も可能なので、突然、水が出なくなった場合も、井戸に溜まった水を有効に使える事も出来ます。

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.